いざというときにも役立つ消費者金融のキャッシングカード


かつての消費者金融というとサラ金とか闇金とか高利貸しとか強引な取り立てという悪いイメージばかりもたれている方も多いと思います。
しかし平成17年の出資法改正と平成22年の貸金業法改正により、利息には法定上限が設けられ、借入額には借り入れる人によって限度(総量規制)が設けられ、嫌がらせや強引な取り立てが法律で厳しく罰せられるようになり、とりわけ全国規模で展開している大手消費者金融では、手続きの簡素化(スピード審査)や無利息キャンペーンなどを行い、新規顧客獲得のための企業努力に惜しみがありません。
突発的に現金が必要になるときは誰にでもあることです。
例えば、急病による入院では、生命保険に入っていたとしても、保険金がおりるまでは実費立て替えが必要です。
あるいは、行きたかった旅行先のツアーで破格なツアーが出ているが、今は現金がなかった場合。
その場は諦めて、少したってからツアー情報を見たらかなり高くなっていたことなんてないですか。
そんなときに、もし消費者金融のキャッシングカードを持っていれば、即日現金借り入れができるのです。
そういう意味でも、消費者金融のキャッシングカードは持っていて損はありません